本サイトは、美少女フィギュアのレビューを行っています。

値下げ中のフィギュアの紹介はこちらで行っています。

広告

渋谷スクランブルフィギュア やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 雪ノ下雪乃&由比ヶ浜結衣 -エンディングVer.- レビュー

俺ガイル

渋谷スクランブルフィギュアさんより発売された『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 雪ノ下雪乃&由比ヶ浜結衣 -エンディングVer.-』をレビューします。

 

商品説明

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完』

より、雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣のエンディングシーンの1/7スケールフィギュアが登場!

二人が笑顔で並んでいる姿に思わず幸せを感じてしまうような最高の一瞬をカタチにしました。

エンディングを飾る保存版として

ぜひお迎えください。

 

商品情報

商品名:雪ノ下雪乃&由比ヶ浜結衣 エンディングVer.
作品名:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完
サイズ:1/7スケール

© 渡 航、小学館/やはりこの製作委員会はまちがっている。完

 

全体

2体ともクオリティはかなり高く仕上がっていますね。

構図から、尊みが溢れ出してきます(*^_^*)

 

各部アップ

お顔立ちは可愛らしく仕上がっています。

後ろから抱きついているポーズがすごく可愛らしいですね。

ゆきのんの方は、しっとりとした黒髪が美しいですね。

毛先のはね方にこだわりを感じます。

ガハマさんの方は、髪量は少ないですが、ゆきのんと遜色ないくらい、細かな毛筋表現がされています。

お団子も他作品より、触手が多いですね(^o^)

ブラウスのシワ表現と、スカートのチェック柄にも力が入っています。

ガハマさんの方は両腕が外れますが、ゆきのんの胴回りを通す点が、少し難しいですね。

スカートの造形がいいですね。

微妙にふわっとした造形になっており、きれいな太ももが拝めます。

ソックスのタイプもそれぞれ異なっていて、贅沢な仕様ですね(*^_^*)

ローファーの艶出しは、かなり力が入っています。

二人とも脚線美が素晴らしいですね。

肌の彩色もよく、浜辺のシチュによく合います。

 

フリーショット

可愛らしいお顔立ち。

お団子とアホ毛が主張しています。

尊すぎる・・・(T_T)

笑顔も可愛らしい。

制服はこだわりの造形です。

皺で生地の厚みも表現できています。

複雑な皺表現が本作品のクオリティを上げています。

後ろ髪の彫込も素晴らしい。

背面側は強張った表現ですね。

チェック柄は丁寧に再現されています。

しっとりとした黒髪。

毛先の跳ね方がすごいですね。

むぎゅっと抱き寄せる感じが可愛らしい。

ガハマさんの方は袖まくり。

なんか手の位置のせいで良からぬ妄想が・・・(;゚∀゚)=3

よい眺めです。

スカートの動きも細かく異なっています。

太ももが美しいですね。

ソックスもお互い異なります。

ローファーの色合いが良すぎる。

きれいな脹脛のライン。

しなやかさを感じる健脚のラインです。

シチュ的には少し浮いている感じで、躍動感を出しています。

お団子の造形は過去一番かもしれない。

アホ毛。

ゆきのんの瞳は、明るい青色。落ち着いた感じを出しています。

ガハマさんの瞳は、やや強めの赤色。溌剌とした感じを出しています。

胸元とリボン。

左手の向きは、不意打ちを受けたような、ストーリー性を感じるポーズですね。

指先まで丁寧にペイントされています。

舞い上がるスカート。

波打つような造形。

ニーソには白いラインが入っています。

透明感のある肌の彩色です。

艶出しが最強すぎる。

毛先の分かれ方がすごいですね。

ゆきのんより短いですが、こちらの毛先も負けず劣らず。

ガハマさんのバッグでしょうか?数字に深い意味はないと信じたい。

こちらはゆきのんのバッグですかね。可愛らしいマスコット付きです。

台座には足跡があります。

ゆきのん。

白です。

ガハマさん。

こちらも白です。

 

まとめ

エンディングVer.と銘打つだけあって、これはある種の集大成でしょうね。

後ろから抱きつく構図は、ストーリー性を感じるデザインで、見栄えも素晴らしいです。

単体だとクオリティが落ちることも危惧しましたが、全然そんなことはなく、素晴らしい造形に仕上がっていました。

高品質フィギュアを売りにしている、渋谷スクランブルフィギュアさんならではのクオリティですね。

意外と場所も取らなかったため、この調子でセット物がどんどん出てくると、すぐにポチってしまいそうです(^_^;)

以上、「渋谷スクランブルフィギュア やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完 雪ノ下雪乃&由比ヶ浜結衣 -エンディングVer.-」でした。

広告

Posted by マル